Greeting

代表挨拶

 国内における治療用医療機器の市場は4兆円を超えてなお成長を続けていますが、同時に同分野における日本の貿易赤字も年々拡大しており、すでに1兆円を超える赤字となっています。治療技術の進歩に伴い、世界では新たな医療機器が常に開発されており、医療機器の市場は拡大の一途をたどっています。

 海外では臨床医、開発メーカーが一丸となって侵襲の少ない手術を行うための新しい医療機器の開発が進められており、また開発のためのリスクマネーの供給も充実しています。一方、我が国においては、特に治療用医療機器の分野においては技術力、開発力、資金力の何れにおいても劣勢な状況が続いてきており、現在の、そして今後の貿易赤字のさらなる拡大につながってきているものと考えております。

 前述のように治療用医療機器においてはすでに海外企業に多くの市場を奪われている状況下において世界に通用する医療機器メーカーとなるためには、臨床上のメリットがあることは当然、他社には作れない独自の技術が活かされていること、新しい機能を備えていること、などを兼ね備えた新たな製品を開発することが求められます。

 当社の開発品は、国立研究開発法人産業技術総合研究所が開発したマグネシウム合金と日本が得意とする微細加工技術の組み合わせによる製品群であり、生体吸収性埋植型医療機器としてこれまでにない特徴を持った製品です。当社ではこれらの強みを活かして日本発治療用医療機器の国内生産を実現し、世界市場においても競争優位性のある製品開発を目指しております。

 当社では企業価値向上のためにも開発力を強みとしており、また、研究人材、開発人材、経営人材などの人材育成にも力を入れ、国内医療機器開発のアントレプレナー企業として、将来的には医療機器に留まらず、知見から得た医療機器、再生医療等製品などの開発にもチャレンジしていきます。そのためにもベンチャー企業同士の協力体制、合併なども視野に入れながら新製品発掘にも力を入れ、医療現場に必要とされる国産初の医療関連製品を発掘から開発、製造までを一貫して実行できるベンチャー企業を目指します。

メルフロンティア株式会社
代表取締役社長  北川 全